gagged264
ギャグパラのセルフボンデージ動画の第三弾が「解けない拘束」です。

自縛好きの少女がコスプレをして自縛します。

ところが自縛をしている最中に眠くなり眠ってしまいます。

実は猿轡に使った詰め物にクロロホルムが仕込んであったのです。

気が付くと拘束具の締め付けが強くなっていてビックリ!

置いておいた鍵が行方不明になり自縛から抜け出せなくなり大ピンチに!

自縛好きには最高のシチュエーションですね。

前2作を上回る出来栄えです。


テーブルの上に並べられた手枷やガムテープ、そしてメイドのような衣装。それらを前にそわそわしている一人の少女。興味津々に一つ一つ手に取り確かめると、服を脱ぎ着替えを始めた。着替えを終えると、テーブルの上の道具を両手に抱えベッドに持っていく。少女は何かの説明書の手順に従って自分の身体を拘束していった。脚に拘束具を付けると、ビニール袋から湿った布を取り出し口いっぱいに詰め込む。そしてその上からガムテープを貼り付ける。最後に後ろ手で、腕と手首の2箇所を拘束具で固定した。これで自ら施した拘束により、少女の小さな体はほとんどの自由を奪われる事になった。自縛を完成させた少女は不自由な体をベッドに転がし拘束感を楽しんだ。だが強烈な睡魔に襲われ意識を失ってしまう。暫くして部屋には少女を見下ろす男が一人。そして拘束具をきつく締め上げた!少女自身では絶対解けないように…。男はソファーに座り少女の目覚めをゆっくりと待った。そう、これは全てこの男が仕掛けた罠だった。目覚めた少女は男の存在には全く気付いていない。手をのばせば触れられる距離にいるのに…。

解けない拘束